banner

平屋の一戸建てで暮らそう

厚木の平屋の一戸建てに暮らそう

厚木には平屋の一戸建ての物件もあります。多くは二階建て以上なのですが、最近では平屋も需要があることから増えているのです。
どのようなメリットがあるのでしょうか。家が立体ではないために平行移動しかありませんし階段の上り下りをする必要が無いのがまずメリットとして挙げられます。
年配の方が暮らす場合にはいいでしょう、車いすでの生活も円滑にできます。
そして耐震性がいいのも実はメリットなのです。

家は縦に高くなればなるほど耐震性が弱まります、一階しかない平屋の場合ですと同じ木造の家であってもかなり頑丈になります。
そして修繕などをするときに楽にできるというメリットがあるのです。例えば外壁塗装の塗り替えなどの場合には二階がありませんので足場も早く完成しますし外壁の面積もそう広くありませんので使うペンキの量も少なくなります。

デメリットは二階が無いので眺めがあまりよくない点にあるのです。他に湿気による被害が多くなる傾向があります。ただしこれに関しては二階建て以上の物件でも一階部分には言えることです。
二階がないが故に延べ面積が少なくなり、大家族で暮らすのには少し狭くなる傾向があります。
しかし延べ面積が少ないこともあり、税金が安くなることもあるのです。
部屋数を多くしてさらに税金対策をしたいと思うのでしたら同じ平屋でも屋根裏部屋やロフトなどを設置するという方法もあります。ロフトなどの場合、高さが140センチ未満の場合でしたらワンフロアとみなされないのです。そのために税金の対象からは逃れられます。

このようにして快適な平屋にすることも可能です。
厚木の一戸建てではなかなかこのような物件が見つからないかも知れませんが、もしもいい立地の物件を見つけた場合には二階建ての一戸建てがある場合にはその家を取り壊して一階建ての一戸建てを建設することもできます。
取り壊すのにお金がかかる場合には一戸建てを減築するという方法もあるのです。二階部分だけを取り壊すという方法です。
階段のスペースなども部屋にできますので案外そう狭くならない場合もあります。
厚木でゆとりのある一戸建て生活をしてみたいと思いませんか、なかなかないと思う条件の物件でも直接不動産会社に依頼すれば見つけてもらえる場合もあります。
まずは暮らしたいと思う家の条件を一階建てということの他にも整理してみてください。紙などに書いておきますと分かりやすくなります。”

Copyright(c) 2018 厚木で一戸建て住宅を建てる場所は All Rights Reserved.