banner

チェックするべきこと

オールドドメインを取得するときにチェックするべきこと

サイトを立ち上げたいと考えたときには、新規のドメインをしようしたいと思う人も多くいるとは思いますが、検索結果が上位に表示されるまでにどうしても時間がかかってしまいます。

安定して検索結果に表示されるまでに数か月の期間がかかってしまうのは、大きな時間のロスと言えます。

オールドドメインを使用する大きなメリットとしては、旧サイトが取得していた被リンクを引き継げる点があります。

オールドドメインを使用する意味は、SEO対策としてもいろいろとあるわけですが、メリットを大きくするためにはどのようなオールドドメインを選んだほうが良いのかについて把握しておく必要があり、取得する前に最低でもチェックしておいたほうが良い項目があります。

オールドドメインを取得するときに一番初めにチェックする項目としては、Gooleのページランクや被リンクだと言えます。

ページランクについては、ページランクのチェックツールを使用することで確認が可能です。

取得しようとしているオールドドメインにおいて、過去にどのようなサイトについて運営が行われていたのか確認することも大切です。

ドメインの年齢については、ドメインエイジをチェックできるツールを使用すると便利に確認が可能です。

オールドドメインによっては、Gooleなどの検索エンジンからペナルティを受けている場合があります。

ペナルティについては全て調べることは難しいとも言えますが、世界中のドメインについてのブラックリストを確認できるサイトを使って調べることがおすすめとなります。

ペナルティを受けているサイトを避ける方法としては、危険性の高そうなものには手を出さないということです。

危険性の高そうなドメインはGooleにおいてインデックスが0であったり、被リンクが0と認識されている特徴があります。

ドメインを取得した後であれば、Web Master Toolを使用することでペナルティの有無を確認することができます。

検索エンジンにおいてはオールドドメインを使用を新規のサイトに使ったときには、過去の履歴について全てリセットされることになっていますが、現状としては全てがリセットされていない可能性のほうが高いと言えます。

オールドドメインに関しては、アフィリエイトを行っている人のサテライトサイトとして使われるケースが多いとも考えられます。
メインのサイトとして利用するときには、多少のリスクがあることも理解した上で使用することがおすすめとなるでしょう。
オールドドメインはドメイン年齢の重要度が高いと言われているYahooのSEOにおいては特に効果的であると言われています。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.